化粧で肌が荒れるのには理由アリ|考えられる4つの原因を解説

メイクの知識

化粧をすると肌が荒れる。どうして?

お肌の悩みはどんな方でも持っています。

その中でも特に悩むのが肌荒れ

肌荒れを悩む方の中には

「化粧をすると肌が荒れてしまう」

「化粧品を変えたら肌が荒れた」

というように化粧をすると肌が荒れると思っている方もたくさんいます。

しかし実はただ化粧をしただけで肌が荒れているわけではないのです。

化粧で肌が荒れるのにはちゃんと理由があるんですよ。

そこで今回は化粧で肌が荒れる理由として考えられる4つの原因を解説します。

化粧で肌が荒れるとお悩みの方はぜひ参考にしてください。

化粧で肌が荒れる原因は毎日の習慣に隠れているんです。

化粧で肌が荒れる理由として考えられる4つの原因

化粧をすると肌が荒れると思われがちです。

しかし肌が荒れるにはきちんと原因があります。

化粧で肌が荒れる理由として考えられるのは次の4つ。

  • 化粧をしたまま寝ている
  • 化粧がきちんと落ちていない
  • 肌に合わない化粧品を使っている
  • 何年も同じ化粧品、メイク道具を使用している

くわしく見ていきます。

化粧をしたまま寝ている

化粧を落とすのって面倒くさいですよね。

ついつい化粧をしたまま寝ていませんか?

化粧をしたまま寝ると毛穴にメイクが詰まって、毛穴汚れを引き起こしニキビができることも。

また化粧を落とさず寝てしまうと肌のターンオーバーを妨害してしまいます。

結果、肌の再生ができず古い角質が残ったままになってしまうのです。

さらにアイメイクなど粘膜に近い部分の化粧を落とさないで寝ると雑菌が繁殖しやすくなり炎症を起こす可能性もあります。

どんなに眠くても化粧は必ず落としましょう!

化粧がきちんと落ちていない

クレンジング、洗顔でキレイに化粧を落としているつもりでも、実はきちんと化粧が落ちていない可能性があります

きちんと化粧が落ちていない理由は、クレンジングの洗浄力が弱いものを使っていることや丁寧にクレンジングできていないことが考えられます。

クレンジングや洗顔で落としきれなかったメイクは肌に残ったままの状態になります。

メイクが肌に残った状態のままにしてしまうと毛穴にメイクが詰まり肌が荒れるはめに。

クレンジングで肌が乾燥するからと弱い洗浄力のクレンジングを使う方もいます。

しかしまずは肌から化粧を除去することが最優先なのです。

クレンジングはとにかく丁寧に!しっかりメイクを落としましょう。

肌に合わない化粧品を使っている

化粧品はほとんどの物が油分で作られています。

化粧品の油分+顔から出る皮脂で必要以上に油が出て毛穴が詰まり、肌荒れの原因となります。

また化粧品に入っている成分に反応して体がアレルギー反応を起こす場合も。

体に合わない成分に触れたことでアレルギー反応を起こし肌荒れするのです。

アレルギー反応が起こりやすいのはいつもと違う化粧品を使った時など。

肌質は人それぞれ異なるもの。

脂性肌の方、乾燥肌の方それぞれに合った化粧品があるんです。

それぞれの肌質に応じて化粧品を選ぶ必要があります。

何年も同じ化粧品、メイク道具を使用している

化粧品って毎日使わない物だとなかなか減らないですよね。

季節によって使う物を変える場合、1年後にしか出番がない化粧品もあります。

しかし化粧品には使用期限があるのをご存知ですか?

はっきりと使用期限が明記されている化粧品は少ないです。

実は化粧品の使用期限は長くても1年ほど

使用期限を過ぎた化粧品は酸化または菌が繁殖してしまいます。

酸化したり菌が繁殖したりした化粧品を肌にのせることで肌が荒れてしまうのです。

メイク道具も同様。

メイクに使用するパフやスポンジ、ブラシなどずっと同じ物を使用していませんか?

パフやスポンジ、ブラシにも雑菌が繁殖している可能性があります。

雑菌が繁殖しているメイク道具を顔に使用すると肌荒れの原因となります。

メイク道具も定期的に洗い、買い替えましょう。

化粧で肌が荒れた時の対処法と予防方法

ここまでは化粧で肌が荒れる原因を解説しました。

ではここからは化粧で肌が荒れてしまった時の対処法と予防方法を紹介。

化粧で肌が荒れてしまった時の対処法と予防方法は次の4つ。

  • クレンジングと洗顔は念入りに
  • スキンケアは保湿を重視
  • 化粧品、メイク道具を見直す
  • 規則正しい生活を心掛ける

くわしく見ていきます。

クレンジングと洗顔は念入りに

先にも説明した通り、化粧をきちんと落とせていないと肌荒れの原因となります。

お肌に負担をかけない優しいクレンジングもありますが、しっかりメイクをしている方には不向きです。

クレンジングの種類と洗浄力の強さは以下の通り。

オイル バーム ジェル クリーム ミルク
洗浄力 強い やや強い やや弱い 弱い

このようにクレンジングの種類によって洗浄力の強さが異なります。

洗浄力が強ければ強いほど肌への負担は大きくなります。

リキッドファンデーション、バッチリアイメイクの方ならオイルクレンジングを。

日焼け止めと眉毛を書く程度の方ならミルクでも十分でしょう。

洗顔はクレンジングで取り切れなかった化粧を取ってくれる役割もあるので、クレンジングと合わせて行いましょう。

乾燥の気になる方は保湿成分の入った洗顔を使うのがおすすめ。

まずは化粧をしっかり落とすのが大切なのです。

スキンケアは保湿を重視

クレンジングで化粧をきちんと落としたら、しっかりスキンケアで保湿をしましょう。

どんな肌質の方でもまず保湿が大切です。

それぞれの肌質に合ったスキンケア方法は以下の通り。

  • 脂性肌…皮脂と水分の両方が多いのでクリームは控え、さっぱりタイプの化粧水と乳液でケアする
  • 乾燥肌…皮脂と水分の両方が少ないのでしっとりタイプの化粧水、美容液やクリームでケアする

それぞれの肌質に合ったスキンケアでしっかり保湿しましょう。

特に乾燥が気になる時はパックをするのもおすすめ。

化粧品、メイク道具を見直す

新作の化粧品が出たらついつい買ってしまいますよね。

するとどんどん化粧品が増えてしまいます。

今持っている化粧品を一度整理してみましょう。

使用してから1年以上経過している化粧品があれば思い切って捨てます

メイクに使用するパフやスポンジ、ブラシは定期的に洗いましょう。

パフやブラシ専用の洗剤もありますよ。

メイク道具は何年も使用すると劣化してきます。

劣化したメイク道具を使用するとお肌を傷つける可能性もあります。

メイク道具は定期的に買い替えましょう。

また新しく買い足した化粧品でメイクした部分が荒れる場合はその化粧品を使うのをストップし、入っている成分を確認。

もしかしたら自分の肌に合わない成分でアレルギー反応が出ているのかも。

どの成分が合わないかわからない場合は敏感肌用の化粧品を使ってみましょう。

created by Rinker
StylPro(スタイルプロ)
¥1,430 (2021/11/29 01:26:15時点 Amazon調べ-詳細)

規則正しい生活を心掛ける

お肌のためには十分な睡眠栄養バランスの取れた食事が必要です。

不規則な生活で睡眠時間が短い方、偏った食事を取っている方も多いでしょう。

肌を作る細胞は睡眠中に作られ、肌が修復されます。

しっかりと睡眠を取るだけで肌荒れが改善することもあります。

また外側からのお肌のケアも大切ですが、内側からお肌を整えることも大切です。

偏った食事を取り続けるとお肌の生成に必要な栄養が不足し、肌荒れする原因となります。

食事で栄養を取るのが難しい場合はサプリなどを取り入れてみましょう。

さらに睡眠不足はストレスも溜まりやすくなると言われています。

ストレスはお肌にも体にも悪影響です。

お肌と体のためにも規則正しい生活を心掛けましょう。

まとめ

化粧で肌が荒れる理由として考えられる4つの原因。

  • 化粧をしたまま寝ている
  • 化粧がきちんと落ちていない
  • 肌に合わない化粧品を使っている
  • 何年も同じ化粧品、メイク道具を使用している

化粧で肌が荒れた時の対処法と予防方法は次の4つ。

  • クレンジングと洗顔は念入りに
  • スキンケアは保湿を重視
  • 化粧品、メイク道具を見直す
  • 規則正しい生活を心掛ける

化粧をしたから肌が荒れたのではなく、化粧をした後のケアをどうするかが肌荒れの大きな原因となります。

肌が荒れてしまうと気持ちも落ち込んでしまいますよね。

一度ご自身のメイク用品やスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。

肌荒れの原因をきちんと取り除けば肌荒れは改善します!

キレイな肌で毎日楽しくメイクしましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました