色素沈着しないまつ毛美容液おすすめまとめ5選 ビマトプロストが入ってない

まつげ

まつ毛美容液を使ってみようと思うけど、色素沈着するって聞いたことがあるから不安…

色素沈着する成分ってどんなものがあるの?

まつ毛美容液=目の周りの色素沈着のイメージがある方は多いのではないでしょうか。

色素沈着は皮膚が黒っぽくなってしまうことで、まつ毛美容液だけでなくさまざまな要因によって起こる現象です。

色素沈着自体は時間の経過とともに改善することがほとんどですが、やはり目の周りという目立つ場所への色素沈着は避けたいもの。

今回は、まつ毛美容液によって起こる色素沈着について解説していきます。

「まつ毛美容液で色素沈着」はどうして?

結論から申し上げますと、多くの「まつ毛美容液」による色素沈着は起こりません。

ドラッグストアなどで入手できるまつ毛美容液を使用したとしても、色素沈着が起こることはほぼないと考えて問題ないです。

なぜなら、色素沈着の副作用があるのは「まつ毛育毛剤」の「グラッシュビスタ」をはじめとする「ビマトプロスト」という成分が配合された商品のためです。

この「ビマトプロスト」は色素沈着の副作用が広く知られた医薬品で、上手に使用すれば色素沈着は起こりにくいものの、使用している一定数の方が色素沈着に悩まされています。

「グラッシュビスタ」は、基本的には美容皮膚科などの医療機関でなければ処方されず、日本では町の店舗で購入することはできません。

ただ、「まつ毛育毛剤」という医薬品の一種として取り扱われているため、まつ毛美容液に比べて効果が顕著で、使用したいと思う方が多いこともあり、「色素沈着」という言葉がメジャーになったのではないかと考えられます。

つまり「ビマトプロスト」が配合されていない、一般のまつ毛美容液なら色素沈着のおそれはほとんどないと考えていただいて問題ないでしょう。

ビマトプロストが入っていないおすすめまつ毛美容液を紹介

それでは、ビマトプロストを配合していないまつ毛美容液を具体的に紹介していきます。

通販専用のものからドラッグストアで入手できるものまで幅広く紹介していきますので、お悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

PHOEBE BEAUTY UP(フィービービューティーアップ)アイラッシュセラム

通常価格:5,072円(通販定期コースで初回2,980円)

内容量:5mL

再生医療などで現在注目されている成分、「ヒト幹細胞」が配合されているまつ毛美容液です。

「ヒト幹細胞」は、休眠中の細胞を活性化するはたらきがあると研究発表されている成分で、130種類の活性因子・成長因子を含有。

肌の細胞本来のはたらきを促進する効果が期待でき、まつ毛の土台を整えるサポートをしてくれます。

その他にもプラセンタエキスやコラーゲンなど23の美容成分を配合しており、まつ毛のハリ・コシを維持する効果も期待できるでしょう。

まつ毛だけでなく、目元全体の美容液としても使用できる処方になっているため便利です。

イチオシのまつ毛美容液ですね^^

アイラッシュセラムの詳細へ

フローフシ THE まつげ美容液

通常価格:3,550円(amazon価格)

内容量:5g

モテマスカラでおなじみの「フローフシ」のまつ毛美容液。

多くの製品はマスカラのようなコームでまつ毛に塗布しますが、このまつ毛美容液は目の周りに塗布するクリームタイプの性状が特徴です。

独自の美容成分「エンドミネラル」を配合しており、1日1回夜に塗布するだけ。

アイクリームとして目元の美容液としても使うことができます。

簡単に目元をマッサージしながら使用するのがおすすめです。

→フローフシ THE まつげ美容液の詳細へ

SEIMEI(セイメイ)アイラッシュグロウセラム

通常価格:11,000円(通販定期コースで初回3,980円)

内容量:3mL

濃厚な美容成分をたっぷり配合しているまつ毛美容液です。

ワイドラッシュ・キャピキシル・シムラッシュ1631の「まつ毛3大成分」で、まつ毛の保湿やハリ・コシ、ツヤやしなやかさの維持をサポートし、さらにナノ化されたヒト幹細胞エキスも配合。

美容成分も50種以上配合しており、全量3mLの中の濃厚さが特徴です。

他製品に比べて少々割高なのがネックではありますが、「本気でまつ毛ケアがしたい!」と思う方にとっては強い味方になるのではないでしょうか。

→SEIMEI(セイメイ)アイラッシュグロウセラムの詳細へ

アンファー (ANGFA) スカルプD まつ毛美容液

通常価格:1,700円(amazon価格)

内容量:4mL

育毛剤のイメージが強い「スカルプD」シリーズのまつ毛美容液です。

8つのまつ毛ケア成分を配合しており、その中の3つを「ラッシュDカプセル」という独自のナノ化カプセルの中に凝縮しています。

まつ毛の根元(角質層)まで浸透させるための処方で、根元からしっかりケアしたい方に最適です。

「ふわふわカールチップ」という柔らかめのブラシを採用しているため、優しい使い心地なのも嬉しいポイント。

メイク映えするまつ毛を目指したい方におすすめしたいまつ毛美容液です!

→アンファー (ANGFA) スカルプD まつ毛美容液の詳細へ

マユイズム

通常価格:3,278円

内容量:4mL

「マユイズム」という名前の通り、こちらはまゆ毛の美容液

もちろんまつ毛にも使用可能で、「キャピキシル」「リデンシル」という2大スカルプ成分を贅沢に配合しています。

ネットで購入するのがスタンダードですが、公式サイトからの購入でも特に定期コースがなく、1本ずつの購入のみの取り扱いです。

ただ、まとめ買いだと送料が無料になったり、割引がきくので長期間使うならまとめ買いがおすすめですよ。

すっぴんに自信を持ちたい方におすすめのまゆ毛・まつ毛美容液です。

→【マユイズム】の詳細へ

色素沈着の心配がなくても適切な使用が大切

今回紹介した5つのまつ毛美容液は、「ビマトプロスト」が配合されていないため、色素沈着の心配はほぼありません。

ただ覚えておきたいのは、適切に使用することで副作用の可能性を低くすることができるということ。

色素沈着の心配はなくても、まつ毛美容液を使用することで刺激感や赤み、かぶれなどの副作用が報告されています。

これらの副作用はある程度は仕方ないものではありますが、まつ毛美容液を正しく使用することで多少は防ぐことができるものです。

たとえば、「根元から塗布しようと頑張りすぎて多量に目に入ってしまう」「まつ毛が短いのがネックで一日に何度も使ってしまう」などの行為は副作用のもと。

まつ毛美容液はまつ毛への使用のみ想定されていますので、特に目に入らないように注意するべきです。

目元・まゆ毛などと兼用の場合はその限りではありませんが、やはり目の粘膜への使用は避けた方が安心。

一般的な使用方法のほか、商品ごとに定められた使用方法をしっかり確認して、遵守して続けていくのがベターです。

色素沈着だけでなく、想定外の副作用を避けるためにも正しい使用を心掛けていきましょう。

まとめ

今回は、色素沈着が起こりにくいまつ毛美容液について紹介しました。

「まつ毛美容液=色素沈着」という構図は、「ビマトプロスト」が配合されたまつ毛育毛剤による副作用のイメージで語られているものです。

ドラッグストアや通販で購入できるまつ毛美容液の多くは、色素沈着の心配はありません。

先ほど紹介したまつ毛美容液は、ネット通販のほか町のお店でも購入することができる、色素沈着しにくいまつ毛美容液です。

「まつ毛美容液を検討しているけど色素沈着が怖くて選べない」という方は今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

また、色素沈着しなかったとしてもまつ毛美容液にはかぶれや刺激感などの副作用のリスクはあります。

少しでもそれらの副作用を抑えたいなら、正しい使用を心掛ける必要があります。

メーカーの説明書を熟読して、まつ毛美容液ごとに最適な使用方法で続けていきましょう。

アイラッシュセラムの詳細へ
【最新施術あり】おすすめのアートメイククリニックランキング
「最新のアートメイクで綺麗になりたい」 「自然な美眉を手に入れたい」 「素肌に自信を持てるようになりたい」 そんな願いを叶えてくれるアートメイク。 汗やシャワーでも落ちない最新の医療アートメイクのおすすめクリニックを特集しました。
まつげ
アートメイクマニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました