まつげ美容液で失明?今さら聞けないまつげ美容液の副作用

まつげ

まつ毛美容液で失明すると聞いたことがあるんだけど、それって本当?

「まつ毛美容液」で検索すると、「まつ毛美容液 失明」という予測ワードが出るなど、美容に敏感な女子たちの間ではまつ毛美容液の危険性についてまことしやかに語られているようです。

とはいえ、一言でまつ毛美容液と言ってもさまざまな成分があり、その全ての製品が失明につながる副作用があるとは考えにくいもの。

そこで今回は、「まつ毛美容液を使用すると失明する」という噂について考察していきます!

まつ毛美容液で失明した人って本当にいるの?

事実として、まつ毛美容液で失明したという報告は今までありません。

つまり「まつ毛美容液で失明」はガセネタであるということ。

それでは、どうしてまつ毛美容液で失明するという根強い噂が出回っているのでしょうか。

なぜ「まつ毛美容液=失明」という認識が広がったの?

まつ毛美容液にはさまざまなものがあり、明確に「まつ毛を育てる」とうたえる医薬品タイプから、「まつ毛をすこやかに保つ手助けをする」という化粧品タイプまでその数は数えきれないほど。

その中で、不適切な効能効果表示により回収されたものや、目の周りにトラブルが起きてしまった事例があるもの、そして健康被害があったにも関わらず販売店の対応が不適切で厚生労働省に届け出があったものなどが原因で、まつ毛美容液についての多くの悪い噂が出回ったのです。

はっきりとは言い切れませんが、そんな噂に尾がついて極端な「失明」という言葉につながったのではないかと考えられます。

ネット検索で「まつ毛美容液」と入力すると一緒に「失明」と出てくるように、多くの方に検索されているのも事実としてあり、どんどん収拾がつかなくなってきているのでしょう。

参考:厚生労働省「まつ毛美容液を標榜する化粧品等の安全性確保について」

とはいえ「絶対」とは言い切れません

まつ毛美容液を使用したことにより失明したという報告は確かにありませんが、ものごとに「絶対」はありません。

安全とされていた医薬品に未知の副作用が発見されることがあるように、使用する母数が増えるとその分副作用が発現するリスクが上がるわけです。

まつ毛美容液だけでなく、新しいものを試す際には自分が副作用を経験する第一号になり得る可能性も頭の片隅に入れておくべきでしょう。

とはいえ、過剰に心配する必要はありません。

もっとも大切なのは、「おかしいな」と思ったらすぐに対応することです。

まつ毛美容液でトラブルの予感がしたら、かかりつけの眼科医に相談したり、販売元に問い合わせてみたりするのが有効です。

絶対に副作用が起こらない、とはどんな商品に対しても言えませんよね…。自分の身は自分で守っていきたいところです!

まつ毛美容液の注意すべき副作用

失明の報告はないということがわかりましたが、先ほども紹介したようにまつ毛美容液でトラブルが起こった事例はいくつかあります。

まつ毛美容液で起こる可能性がある副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

目の充血

まつ毛美容液の副作用としてもっとも多いのは、目の充血ではないでしょうか。

そもそも充血は、目の中に異物が入ってしまうことで起こることが多いです。

まつ毛美容液は目の周りに使用しても問題ない成分で作られているものがほとんどですが、人の体にとっては異物です。

本来目の中に存在しない成分が目の中に入ると角膜が傷つき、充血を引き起こしてしまいます。

充血させないためには、あくまでもまつ毛だけの使用にとどめ、目の中に入らないように注意しながら使用すべきでしょう。

もし異物感や充血が続くようなら眼科医の受診をおすすめします。

かゆみなどのアレルギー症状

目や目の周りのアレルギー症状も、まつ毛美容液を使用する方に多いトラブルです。

アナフィラキシーのような激しいアレルギー症状はまれなものの、赤みやかゆみというのは比較的多くの方が経験します。

まつ毛美容液の成分に対してアレルギーを起こしてしまっているため、もしかゆみが出た場合は該当商品の仕様を避けましょう。

アレルギー体質の方はパッチテストを事前に行っておくと安心かもしれませんね。

目の中にまつ毛美容液が侵入してしまうほかに、目の周りの皮膚でアレルギー症状を起こす可能性もあります。

新しいまつ毛美容液を試す際は、目の中だけでなく目の周りの変化にも気を留めておくようにしましょう。

色素沈着

多くのまつ毛美容液で起こる副作用の1つに、色素沈着があります。

色素沈着とは、皮膚に薬品が付着するとそこの色が黒っぽく変化してしまうこと。

まつ毛美容液はまつ毛以外への使用を行わず、目の周りの皮膚に付着しないように使っていくのがおすすめです。

もし色素沈着を起こしてしまっても、まつ毛美容液の使用を中止して、しっかりスキンケアを行っていくことで徐々に色が戻ってきますので安心してください。

まつ毛美容液を使用中に色素沈着の傾向が見られたら、美容液の使用が適切なものだったか見直してみましょう。

どんな副作用のおそれがあるか覚えておけば、万一のときに対応しやすいですよね!

こんなまつ毛美容液には要注意!

日本で一般的に販売されているもののほとんどは、国産の大手メーカーが販売していたり、信頼できるメーカーが輸入していたりするものです。

ですので、万一トラブルがあったとしても、お客様相談室などに相談しやすく、眼科にかかった際も成分の開示が容易で、比較的安心して使用することができるでしょう。

ただし、以下に挙げるようなまつ毛美容液には注意が必要。

トラブルが起こった際に適切な対応ができなかったり、本来受けることができる補償の対象外となってしまったりする可能性があります。

個人販売などの製造元がはっきりしていないもの

初見でなかなか手を出しにくいとは思われますが、個人販売のものは危険です。

基準を満たした工場で作られていない可能性があるのはもちろん、場合によっては個人宅で製造されている可能性もあります。

本来化粧品に使用してはいけない成分が使われているリスクも考えられるでしょう。

トラブルがなければ問題にはなりにくいものの、もし起こった場合は大手企業のような対応は期待できません。

連絡しても取り合ってくれなかったり、最悪の場合連絡先も記載されていないなんてことも。

フリマアプリなどで販売されているものは注意した方が安心です。

海外の医薬品の個人輸入

「緑内障」という眼の疾患に使われている点眼薬の中に、増毛作用の副作用があらわれるものがあります。

その副作用を逆に活かした「グラッシュビスタ」という医薬品が存在しており、国内で認可されていないものの、美容目的で皮膚科や眼科などで使用されることも。

この「グラッシュビスタ」を個人輸入して使用することが可能ですが、これには注意が必要です。

個人輸入はあくまでも自己責任の範囲で行うものですので、医薬品の副作用による健康被害で受けられる国の制度としての補償の対象外になってしまいます。

ですので、「グラッシュビスタ」を試したいなら取り扱いがある医院を受診して使用するのが安心です。

初心者は信頼できるメーカーが販売しているものを選ぶといいかもしれませんね!

まつ毛美容液を安全に使用するには…

今回はまつ毛美容液の失明のウワサの真偽と、副作用や危険性について紹介しました。

色々と怖いことを申し上げましたが、まつ毛美容液はあくまでも化粧品。

万一目に入ってしまっても、すぐに洗い流すなどの正しい処置ができれば、失明はもちろんその他の副作用のリスクもとても低いもの。

大切なのは、正しい使用方法を心掛けていくこと、そしてトラブルの予感がしたらすぐに使用を中止し、メーカーのお客様相談室や眼科医に相談することです。

適切に使って、美しいまつ毛を目指してみてくださいね!

【最新施術あり】おすすめのアートメイククリニックランキング
「最新のアートメイクで綺麗になりたい」 「自然な美眉を手に入れたい」 「素肌に自信を持てるようになりたい」 そんな願いを叶えてくれるアートメイク。 汗やシャワーでも落ちない最新の医療アートメイクのおすすめクリニックを特集しました。
まつげ
アートメイクマニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました