妊娠中のまつげ美容液が胎児に与える影響とは?危険な成分はコレ!

まつげ

妊娠中にまつ毛美容液って使えるの?いつも使っているものだと赤ちゃんに影響あるかな?

妊娠に気付かずにずっとまつ毛美容液を使っていた…。妊娠初期は胎児の感受性も高いというし心配…。

まつ毛美容液に限らずの話ではありますが、妊娠中だと「あれ?これって妊娠中OK?」と疑問に思うことはたくさんありますよね。

まつ毛美容液の場合、直接肌に触れる可能性も高く、目の粘膜から微量に体内に入ることもあるため、妊娠中の使用は慎重になるという方が多いのではないでしょうか。

今回は、妊娠中のまつ毛美容液の使用可否や、まつ毛美容液だけに関わらず妊娠中には注意した方がいい成分について解説していきます!

まつ毛美容液は妊娠中でも使用可能です!

結論から申し上げますと、妊娠中でもまつ毛美容液は使用可能です。

日本のお店で市販されているものなら、どれを選んでもトラブルの可能性は低いと考えられます。

確かにまつ毛美容液は目の粘膜から体内に侵入する可能性はありますが、それはごく微量。

また、粘膜に触れても刺激感が少なかったり、トラブルを起こしにくいように設計されていたりするものがほとんどです。

さらに、市販されているまつ毛美容液で胎児の催奇形性などを含む重篤な副作用は特に報告されていません。

そういう背景もあり、化粧品としてのまつ毛美容液なら妊娠中でも問題なく使っていただくことができるでしょう。

とはいえ副作用に「絶対」はありません。

メーカーが推奨する使用方法を守ったり、個人が作った成分が不透明なものを選ばないようにしたりなど、一般的な注意は必要です。

トラブルの予感がしたら、すぐに使用を中止して皮膚科や産婦人科に相談するようにしてくださいね。

胎児に影響を及ぼす可能性がある成分

一般的なまつ毛美容液の場合は妊娠中でも使用することができます。

ただし、医薬品の部類に入るとまた話は別。

胎児に直接影響を及ぼす可能性は低いものの、化粧品に比べるとリスクは一段上がると考えてください。

ここで紹介するのは「まつ毛育毛剤」ですので厳密にはまつ毛美容液ではありません。

美容皮膚科で使用されたり、個人輸入で入手できたりするものが多いです。

ビマトプロスト

「ビマトプロスト」というとピンと来ない方も多いかもしれませんが、「グラッシュビスタ」と聞くとわかりやすいですよね。

日本では保険適応になっていない医薬品で、主に美容皮膚科などで用いられているまつ毛育毛剤です。

「ルミガン」という緑内障治療の点眼剤と同じ成分で、副作用に増毛作用があったことから、その副作用を逆に利用した形のまつ毛育毛剤として使用されています。

保険適応されていないものの、日本でも広く処方されているメジャーな医薬品。

「グラッシュビスタ」の添付文書には、妊婦の使用について以下のような記載があります。

妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、原則として投与しないこと。

つまり、「妊娠中には使用しないでください」ということです。

正規ルートで使用するなら受診してからになるため、妊娠の有無などを医師が確認することができますし、うっかり使ってしまうというリスクは低いでしょう。

ただ、個人輸入などを利用している場合は、妊娠中に誤って購入してしまわないように注意してくださいね。

アイラッシュセラムの詳細へ
\ビマトプロストが入っていないおすすめまつ毛美容液/

適応外使用や個人輸入の成分には注意

「グラッシュビスタ」と同様、個人輸入ができる医薬品には注意が必要です。

まつ毛に限局した使用方法が想定されていない薬品は、目の周りに使用するのはとても危険です。

特に危険なのが男性用の育毛剤を使用してしまうパターン。

内服薬はもちろん、外用剤だったとしても胎児に影響を及ぼす可能性があります。

たとえば、男性用発毛剤の内服薬「プロペシア」の主成分「フィナステリド」は、妊婦・授乳婦には投与禁忌です。

個人輸入で簡単に入手できてしまうものですので、もしまつ毛の育毛を目的として使用を考えているなら、絶対に避けるようにしてください。

同様に、ドラッグストアで購入できる「リアップ(ミノキシジル)」などをまつ毛に使用するのは避けましょう。

妊娠中でなかったとしても、本来目の周りへの使用を想定しているものではありませんので、刺激感などが起こる可能性もありますし、そもそも効果が期待できない可能性も高いです。

その他、妊娠がまつ毛に影響を与える原因は?

妊娠中にまつ毛美容液を使いたいと考えている方は、例えばまつ毛の抜け毛が多く感じるなどの何かしらトラブルを実感していることが多いのではないでしょうか。

事実として妊娠中には髪の毛やまつ毛が抜けやすくなることが多々あります。

妊娠とまつ毛の関連性について解説していきます。

ホルモンバランスの変化

妊娠・授乳中は平常時に比べてホルモンバランスが乱れます。

実際、妊娠中と産後に抜け毛が増えたと感じる方も多いです。

毛量が多い髪の毛の抜け毛が目立ちますが、それと同時にまつ毛も抜けていることがあります。

どんどんまつ毛が減っているように見えるのは寂しく感じるでしょう。

ただし、加齢による脱毛などとは異なり、ホルモンバランスによる脱毛は一時的なもの。

妊娠・授乳が終わった頃には回復してくることがほとんどですので、あまり悲観せずにゆったり子育てができるといいですね。

まつ毛が減ってくるのを防ぐことは難しいですが、まつ毛美容液を上手に使って美しく保つことは可能です。

ストレス

妊娠中に関わらず、ストレスを感じたときに抜け毛や脱毛症に悩まされることは多いですよね。

先ほども述べたように、妊娠中はホルモンバランスの大きな変化があります。

女性のストレスはホルモンの影響を多大に受けるため、妊娠中特有のホルモンバランスの変化でストレスをいつもより強く感じる可能性も。

まつ毛の脱毛の原因がホルモンの影響かストレスの影響か判別するのは難しいですが、感情のコントロールが上手くいかないと感じているなら、ストレスが溜まっているのかもしれません。

特に、最近は妊娠後期まで仕事を続ける妊婦さんが多いです。

仕事と妊娠で大きなストレスを感じることもあるので、目立つほどの脱毛があるなら早めに産休に入れるように会社に調整してもらうのも手段の一つです。

また、まつ毛美容液を使用するなら、肌ストレスのリスクを減らすためにも配合されている添加物にも気を配りましょう。

アルコールフリーやパラベンフリーのまつ毛美容液や、オーガニックで使用期限が記載されているようなまつ毛美容液だと比較的妊娠中でも使いやすいです。

ストレスはさまざまな方向から体に影響を及ぼします。

上手にストレスと付き合って、少しでも楽しい妊娠生活が送れるように周囲からも支援してもらいましょう。

まとめ

今回は、妊娠中のまつ毛美容液の使用について解説しました。

妊娠中は、ホルモンバランスが大きく変化し、さまざまな体の変化が訪れる時期。

まつ毛美容液だけに関わらず、使用する化粧品は慎重に選びたいものです。

普段はチェックしない添加物でも、妊娠中ならよく成分表示を見ておくのがおすすめですよ。

基本的に妊娠中でもまつ毛美容液を使用することができます。

ただ、「まつ毛美容液」「まつ毛育毛剤」は別物であること、「まつ毛育毛剤」の場合妊娠中は使用が難しいということを覚えておきましょう。

その中でも、個人輸入や適応外利用でまつ毛育毛剤を使用していた方は、妊娠を望む場合にはひとまず中止するのがおすすめ。

胎児に思わぬ影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。

まつ毛美容液を適切に使用して、妊娠中でもキレイなママでいられるといいですね!

アイラッシュセラムの詳細へ
\ビマトプロストが入っていないおすすめまつ毛美容液/
【最新施術あり】おすすめのアートメイククリニックランキング
「最新のアートメイクで綺麗になりたい」 「自然な美眉を手に入れたい」 「素肌に自信を持てるようになりたい」 そんな願いを叶えてくれるアートメイク。 汗やシャワーでも落ちない最新の医療アートメイクのおすすめクリニックを特集しました。
まつげ
アートメイクマニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました