アイライン太すぎ問題|老け見え注意!そのバランス間違ってない?

メイクの知識

アイラインは太ければ太いほど目力アップする?

つい太く描いてしまう癖がついてるけど、浮いているような…

目元を強調したり、大きく見せたりしてくれるアイライン。

でも、「なんとなくアイラインは太く引いている」という方もいるのではないでしょうか。

実は、アイラインを太く描きすぎると、逆に目が小さく見えてしまい、実年齢より老けた印象になってしまうこともあるんです!

場合によっては、アイラインが太いことで、あなたの目の形の良さを潰してしまっているかも。

そこでこの記事では、老け見えする太すぎアイラインを避ける方法4つと、アイライナーを引くときのポイント【一重さん・奥二重さん・ぱっちり二重さん】のタイプ別に詳しくご紹介していきます!

「アイラインを引くのが苦手!」という方も、ぜひ参考にしてくださいね♪

老け見えする太すぎアイラインを避けるには?

アイラインを太く引けば目が大きく見えるんじゃないの?

確かに美容雑誌などでは、アイラインを太くして目力を強調するメイク方法が紹介されています。

しかし、ただ太くしただけでは、実年齢より老けて見える目元になってしまうかも!

そんな老け見えする太すぎアイラインを防ぐための方法を4つ、詳しく解説します。

  • 目元を強調するインラインを足す
  • 抜け感のあるブラウンアイライナーを使う
  • 一気に引かず少しずつ描き足す
  • アイラインをぼかして優しい目元に

目元を強調するインラインを足す

目元を強調したいなら、アイラインを足すのではなく、インラインを足してあげましょう。

目を大きく見せたいからと何度もアイラインを重ねてしまうと、ケバケバした目元になってしまいます。
アイラインの幅が太くなると、黒目が潰れて小さく見えるんです。

インラインとは、目のキワのまつ毛とまつ毛の間のこと。
インラインを埋めると、まつ毛が密集して生えているように見え、目元がくっきりします。

リキッドタイプのアイライナーなら、まつ毛を一本一本描くように細かく入れると自然です。
ペンシルタイプのアイライナーは、細かく左右に往復して塗ると優しい目元と目力の両方が叶いますよ。

インラインは粘膜ではありません!誤って粘膜に入ってしまった場合は、綿棒で優しく拭き取りましょう。

抜け感のあるブラウンアイライナーを使う

世代によっては「アイライナーといえば黒!」と思う方がいるかもしれません。
しかし、黒のアイライナーで太いアイラインを描くと、目力が強すぎて怖い印象に。

そんな時は、抜け感のあるナチュラルなブラウンアイライナーを使うのがイマドキです!

ブラウンなら同じように太めのアイラインを引いても、悪目立ちしません。
特に、まつ毛が細く短い方や、白目の割合が多い方は、目元への馴染みがいいブラウンの方がオススメ。

最近では、ブラックとブラウンの良いとこ取りであるダークブラウンやブラックブラウンなどのカラー展開が豊富にあります。

黒よりも優しく、ブラウンよりも目をはっきりさせたい」という難しい願いも叶えることができますよ。

アイラインをガッツリ引きたいけど強くなりすぎないようにしたいなら、涙袋用ライナーなどの薄い色味をチョイスしてもGOOD!

一気に引かず少しずつ描き足す

目頭から目尻まで一気に引いた方が、アイラインがキレイに引けるような…

実は、アイラインの一筆書きはアイラインが太くなってしまう原因なんです。
アイラインの失敗で一番多いのは、線がブレてガタガタになってしまうこと。
一筆書きで上手に線が引けず、ガタガタを修正しようと何度もやり直すと、どんどんアイラインが太くなってしまいます。

アイラインを描くのが苦手な方は、どうしたらアイラインが上手に引けるのか知りたいですよね。

ここで、美容部員さん直伝のアイラインを引くときのコツをご紹介します!

●ブレないアイラインを引くコツ●

  • アイライナーを持つ手の肘を、反対の手で優しく支えなが引く
  • アイラインは目頭から黒目中央、目尻から黒目中央にわけて引く
  • 手鏡を持ち、アイラインを持つ手の肘をついて手元を安定させる
  • アイライナーを持つ反対の手の指で、まぶたを斜め上に引っ張りながら引く

あなたのやりやすい方法で、アイラインがブレないメイクスキルをアップしましょう♪

アイラインをぼかして優しい目元に

細いアイラインが似合わない!太いアイラインでも老けさせない方法は?

人によって目の大きさやまぶたの形、まつ毛の生え具合は異なります。そのため、中には「どうしても太めのアイラインじゃないと似合わない」という方もいるでしょう。

そんな方は、アイラインを太めに描いたあと、輪郭をぼかすと優しい目元を作れます。

近年では、ナチュラルメイク志向が高まっています。
そのため、アイラインの輪郭がハッキリ残したメイクは、時代遅れな印象を持たれることも。

太くてナチュラルなアイラインを作るには、とにかく顔に溶け込ませること。
ここで、太いアイラインで優しい目元を作る方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください♪

●優しい目元の太いアイラインを描く方法●

  1. 目のキワとインラインをリキッドアイライナーで細めに埋める
  2. 上からペンシルアイアライナーやアイシャドウの濃い色で太めにラインを作る
  3. グラデーションを作るように、綿棒で上方向に優しくぼかす

目のタイプ別!アイライナーを引くときのポイント

目元が美しく見えるアイラインの太さ濃さは、人によってさまざま。

ここでは、目のタイプ別にアイライナーを引くときのポイントを詳しくご紹介いたします!

  • 一重さんは黒目の上を強調して
  • 奥二重さんは黒目中央から目尻にかけて太く
  • ぱっちり二重さんはまつ毛を埋めるくらいの細さで

一重さんは黒目の上を強調して

一重さんのアイラインポイント

  • 使うのは黒か茶色のペンシルタイプアイライナーorアイシャドウ
  • 目を開いた状態で約1mmほど見えるくらいの太さ
  • 黒目部分が最も太く、目尻にかけて細くする

一重さんは、まぶたが厚く、重みがあるのが特徴。
まぶたが重いと目を開けた時にまぶたのキワが埋もれるので、アイラインが隠れてしまうのです。

そのため、一重さんはアイラインを多少太めに描いた方が、目力アップを狙えます。
目安は、目を開いたときに約1mmほどラインが見える程の太さ。
アイライナーはペンシルタイプや、暗い色のアイシャドウを使うのがオススメです。

メイク上級者さんは、目のキワはペンシルアイライナー太さをつけるのにアイシャドウと場所によって使い分けると、奥行きを演出できますよ。
黒目を最も太いラインになるように、目尻にかけて少しずつ幅をせばめて引いてあげると、自然な太めラインが作れるでしょう。

リキッドアイライナーで太いアイラインを描いてしまうと、輪郭がはっきり強調され、不自然になるので要注意!

奥二重さんは黒目中央から目尻にかけて太く

奥二重さんのアイラインポイント

  • 目頭から黒目中央部分まではジェルアイライナーでインラインを埋める
  • 黒目中央から目尻はリキッドアイライナーで少しずつ太く描く
  • 二重幅をアイラインで潰さないように太さを調整する

奥二重さんは、目頭から黒目中央までまぶたの幅が狭く、黒目中央から目尻にかけて広くなっているのが特徴です。

目頭から目尻まで一定の太さのアイラインを引くと目周りが真っ黒になってしまう恐れがあります。
せっかくの二重幅が潰れ、以前流行った囲み目メイクのような、時代を感じる目元になる恐れがあります。

老け見えを避けるために、目頭から黒目中央まではインラインだけを埋めるのがベスト!
二重幅を活かすには、まつ毛の間を埋めるように細く描くのがポイントです。
インラインに使うのは、リキッドとペンシルの両方の長所を持ち合わせたジェルアイライナー
リキッドアイライナーより筆先が硬いのに、柔らい印象の線が描けるんです。

黒目中央から目尻にかけてはリキッドアイライナーを使って、少しずつ太く描きます。

目尻にかけて流れるような線を意識すると、二重幅を活かした美しいアイラインになりますよ♪

ぱっちり二重さんはまつ毛を埋めるくらいの細さで

ぱっちり二重さんのアイラインポイント

  • きつい印象を和らげるブラウンカラーをチョイス
  • 目頭から目尻までインラインを埋めるだけでOK
  • 上級者はリキッドアイライナーで黒目外側から目尻だけ引くとイマドキメイクに

ぱっちり二重さんは、目頭から目尻まで二重幅が均等で、目元がはっきりしています。

アイラインを太く濃く描いてしまうと目力が強調されて余計きつい印象に。
なので、目頭から目尻まで、まつ毛とまつ毛を埋める程度の細さで充分でしょう。

リキッドタイプ、ペンシルタイプのどちらも似合うぱっちり二重さん。
しかし、目力を強調し過ぎないようにブラウンカラーを選ぶと、よりナチュラルさを引き立ててくれます。

また、まつ毛もしっかり生えているのなら、リキッドアイライナーで黒目の外側から目尻までだけ足すのもオススメです。
目尻の三角のくぼみを埋めて、3mm前後線を伸ばすとバランスの良いアイラインになります。

ぱっちり二重さんは、目尻をカラーアイライナーに変えても色がキレイに映えるのでGood♪

まとめ

老け見えする太すぎアイラインを避ける方法は、以下の4つです。

  • 目元を強調するインラインを足す
  • 抜け感のあるブラウンアイライナーを使う
  • 一気に引かず少しずつ描き足す
  • アイラインをぼかして優しい目元に

しかし、アイラインの引き方は、目のタイプによって異なります。

一重さん・奥二重さん・ぱっちり二重さんのタイプ別アイラインポイントはこちら。

  • 一重さんは黒目の上を強調して
  • 奥二重さんは黒目中央から目尻にかけて太く
  • ぱっちり二重さんはまつ毛を埋めるくらいの細さで

アイラインは、ただ太く線を引けば目が大きく見えるというわけではありません。

目の形やまつ毛の生え具合など、人によってベストなバランスがあります。

この記事を参考に、あなたにぴったりなアイラインバランスを見つけて、老け見えアイラインとおさらばしましょう!

【最新施術あり】おすすめのアートメイククリニックランキング
「最新のアートメイクで綺麗になりたい」 「自然な美眉を手に入れたい」 「素肌に自信を持てるようになりたい」 そんな願いを叶えてくれるアートメイク。 汗やシャワーでも落ちない最新の医療アートメイクのおすすめクリニックを特集しました。
メイクの知識
アートメイクマニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました