アートメイクをまつげの間に入れたい!キレイに見える入れ方とは?

アートメイクの知識

まつ毛を濃く見せたい!

アートメイクをまつげの間に入れてボリュームだしたい!

あなたもこんな希望があるのではないのでしょうか?

そのためアートメイクの中でも、アイラインのアートメイクは大人気!

でも、アイラインのアートメイクを入れたいけども、どのデザインで入れたらいいか悩む方もいるのでは?

この記事では、アイラインのアートメイクのデザインはどのように入れるとキレイに見えるのかを解説します。

アイラインのアートメイクのデザインを悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

アイラインのアートメイクを入れる位置

アイラインのアートメイクとは、まぶたの縁に専用の針で色を入れる施術のこと。

メイクをしなくても常にアイラインを引いているかのような目元になります。

毎日のメイクの時短になり、すっぴんでも目が大きく見える人気のメニューです。

アイラインのアートメイクは上下どちらにも入れることができます。

上のアイラインアートメイクを入れる位置は以下の3つ。

  • インライン
  • アウトライン
  • ナチュラルライン

詳しくみていきます。

インライン

アイラインを入れる位置は、まつ毛の生え際よりも内側。

粘膜により近い部分になります。

自然に目元を強調することができますが、施術箇所が粘膜と眼球に近いので注意が必要です。

アウトライン

アイラインを入れる位置は、まつ毛の生え際よりも外側。

目を閉じてもアイラインが強調されるので、メイク後のような仕上がりになります。

ナチュラルライン

まつ毛の生え際に沿ってアイラインを入れます。

最も自然に目元が強調されるため、選ばれることが多いです。

アイラインのアートメイクデザインの種類

アイラインのアートメイクの主なデザインは次の3種類あります。

  • シンプルアイライン
  • シンプルテールアイライン
  • シャドウライナー

詳しく解説します。

シンプルアイライン

シンプルアイラインは、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように色を入れるデザインです。

自然な仕上がりなので、メイクをしていないときでも馴染みます。

こちらがもっとも基本的なデザインです。

迷ったらコチラを選びましょう。

シンプルテールアイライン

シンプルテールアイラインは、シンプルアイラインにテール(はね上げ)が追加します。

シンプルアイラインよりも目が強調され、メイク後のような仕上がりになります。

常に目を強調したいと考えている方はこのデザインがオススメです。

シャドウライナー

シャドウライナーとは、シンプルテールアイラインに目尻のグラデーションを追加します。

より目元が強調され、アイライン+ほんのりアイシャドウのような仕上がりになります。

アイシャドウとはいっても目尻に少し影ができる程度なので、メイクの邪魔にはなりません。

アートメイクアイラインの色の種類

アートメイクのアイラインの色はサロンによってさまざまですが、基本的には黒から明るい茶色を使うことが多いです。

あまり目立つ色は使わない傾向です。

サロンと相談しつつ、自分に似合った色を選びましょう。

人気は茶色ですが、黒よりも色が定着しにくいという難点があります。

アイラインのアートメイク失敗例

アイラインアートメイクはメリットもたくさんありますが、気を付けないと失敗してしまう・・ということもあります。

主な失敗例は次の通り。

  • 思っていたデザインと違う仕上がりになる
  • アイラインを太く入れすぎる
  • テールを強調されすぎる

詳しく解説していきます。

思っていたデザインと違う仕上がりになる

これは施術者とのデザインの認識違いで起こる失敗。

施術前のカウンセリンが十分でない場合起こりやすいです。

サロン担当者がしっかりカウンセリングしてくれる、施術途中でも確認しながら進めてくれるようなサロンを選びましょう。

アイラインを太く入れすぎる

目元を強調したい!

といって、アイラインを太く入れればいいというものでもありません。

太すぎるアイラインは逆に目を小さく見せてしまう可能性があります。

自分の目に合わせて太さを決めましょう。

テールを強調されすぎる

流行はどんどんかわっていくもの。

流行だからといって跳ね上げ、長い目尻などのテールを強調しているデザインを入れてしまうと、メイクの流行や自分の気分によってアイラインを変えることができません

アートメイクは気軽に消すことはできません。

特別なデザインを入れる場合はよく検討してからにしましょう。

アイラインがキレイに見える入れ方

次なアイラインがきれいに見える入れ方を解説していきます。

ポイントは2点。

  • インラインまたはナチュラルラインを選ぶ
  • シンプルアイラインを選ぶ

詳しく見ていきましょう。

インラインまたはナチュラルラインを選ぶ

ラインの入れ方に迷ったらコレ!

まつ毛の生え際よりも内側インラインかナチュラルラインを選ぶといいでしょう。

サロンによってはインラインの施術が断られる場合があります。

インラインを入れる施術は高度な技術を必要とし、粘膜と眼球を傷つける可能性があるためです。

ナチュラルラインは、最も一般的なアイラインのデザイン。

目を閉じても自然な目元に仕上がるので、すっぴんの時でも馴染みます。

シンプルアイラインを選ぶ

アイラインのアートメイクはあくまでメイクの補助的感覚と考えましょう。

テールを強く跳ね上げる、目尻を長くしすぎる、目尻を垂れさせるなどデザイン性の強いアイラインを入れるのは避けましょう。

流行のメイクをしたいときに、アイラインだけ浮いてしまう可能性があります。

テールのデザインは、自分でメイクできるように基本的なデザインにしておきましょう。

まとめ

  • アイラインのアートメイクを入れる位置とデザインによって目の印象が変わる
  • 目がキレイに見える黄金比がある
  • アイラインを入れる位置はインラインまたはナチュラルラインを選ぶ
  • アイラインのデザインはシンプルアイラインを選ぶ

アイラインのアートメイクを入れると、毎日のメイクがとても楽になります

さらにすっぴんにも自信が!

アートメイクは色を入れると1~3年は消えません。

あくまでアートメイクはメイクの補助的役割と考えましょう。

目元の施術ですので、アフターケアも含め、必ず信頼できるサロンを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました