眉毛の入れ墨を男が入れるのってどう?女性視点で意見を物申す!

まゆげ

男性が眉毛の入れ墨を入れるのってどう?

女性も男性も身だしなみには気を使いますよね。

身だしなみの1つとして眉毛のお手入れがあげられます。

特に男性はメイクをしない方が多いので自眉が大切となります。

男性の中でも眉毛が薄い方、ファッションの一部として眉毛の入れ墨を入れる方がいます。

眉毛の入れ墨を入れると自分で眉毛を書くことなく整った眉毛が手に入ります。

では女性から見た男性の眉毛の入れ墨の印象はどうでしょうか。

眉毛の入れ墨を入れたい男性の中には

「女性の印象が気になるけど聞けない!」

「眉毛の入れ墨を入れたら嫌われるかな・・・」

と心配する方もいるでしょう。

今回は男性の入れ墨に対する意見を女性視点で物申します!

眉毛の入れ墨を入れたいけど女性にどう思われるか気になる方はぜひ参考にしてください。

女性視点の素直な意見をお伝えします!

女性から見た男性の眉毛の入れ墨の印象とは?

女性の中では比較的知られている眉毛の入れ墨

男性でも眉毛の入れ墨を入れている方はいます。

では男性の眉毛の入れ墨に対する女性の印象はどうでしょうか。

男性の眉毛の入れ墨を女性がどう思っているかを女性視点で正直に言います!

女性が男性の眉毛の入れ墨に持つイメージは次の3つ。

  • 入れ墨をいれると怖いイメージ
  • なんだかチャラいイメージ
  • 眉毛の印象が強すぎるイメージ

くわしく見ていきます。

入れ墨をいれると怖いイメージ

女性から見て眉毛の入れ墨をしている男性は怖いと思われることが多く、眉毛とはいえ一目で入れ墨を入れているとすぐわかります。

昔からのイメージで入れ墨は怖いイメージ

入れ墨を入れている男性=怖い男性と思われがちです。

眉毛に限らず入れ墨は怖いというイメージが定着してしまっているのです。

なんだかチャラいイメージ

眉毛の入れ墨を入れている男性はチャラいイメージを持たれがち。

その理由は男性で眉毛の入れ墨を入れている方は身だしなみにすごく気を使っている印象があるからです。

身だしなみにすごく気を使うということは女性にモテることを意識していることが多いでしょう。

実際、芸能人でも眉毛の入れ墨を入れている方はおしゃれで女性にモテそうな方が多いです。

眉毛の印象が強すぎるイメージ

眉毛のタトゥーは仕上がりがはっきりするため、眉毛の印象が強くなります。

またタトゥーは機械彫りが主流なので、昔ながらのペタッとした仕上がりになることが多いのです。

眉毛の入れ墨を入れていると顔の中で眉毛の印象が強くなってしまいます。

女性からは眉毛の印象が強すぎて不自然だなと思われてしまうことも多いでしょう。

実は眉毛の入れ墨は女性からあまり印象が良くないのです。

眉毛は顔全体とのバランスが重要です。

自然で女性ウケする眉毛ならアートメイクがおすすめ!

入れ墨を入れている男性の印象があまり良くないのはおわかりいただけたのではないでしょうか?

しかし元々眉毛が薄い方やお手入れの楽さから「眉毛の入れ墨を入れたい!」という方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが眉のアートメイクです!

なぜ眉のアートメイクがおすすめなのかその理由を紹介します。

アートメイクをおすすめする理由を紹介する前に入れ墨とアートメイクの違いを紹介。

入れ墨とアートメイクの違いは次の表の通り。

入れ墨 アートメイク
仕上がり ペタッとした仕上がり 本物の毛のような仕上がり
インクを入れる位置 皮膚の深い位置 皮膚の浅い位置
持続期間 半永久的 1~3年ほど
インクを入れる際の痛み 痛み有(麻酔なし) 痛みほぼ無し(麻酔あり)

この表のように入れ墨とアートメイクでは大きな違いがあります。

そもそも入れ墨とアートメイクでは入れる目的が違うためこのような違いがあるのです。

ではここからは眉のアートメイクをおすすめする理由を紹介。

眉のアートメイクをおすすめする理由は次の4つ。

  • 自然な仕上がり
  • 修正可能
  • 眉毛の流行に敏感
  • 痛みが少ない

くわしく見ていきます。

アートメイクは自然な仕上がり

近年、眉のアートメイクは仕上がりが超自然

1本1本毛を書くように手彫りでインクを入れて本物の眉毛のように見せてくれます。

従来のアートメイクは機械で眉全体にインクを入れていました。

その場合インクが眉全体にはっきり出てしまうのですっぴんには馴染みにくかったのです。

ですがインクの発達と手彫りで1本1本毛を書ことにより本物の眉毛のような毛流れを再現できるようになりました。

いかにも眉毛をいじった感が出ないのでメイクでごまかせない男性にもおすすめです。

アートメイクは修正可能

先ほどの表のとおりアートメイクの持続期間は約1~3年といわれています。

肌のターンオーバーや生活習慣によって徐々に薄くなるのです。

薄くなってきたと感じたら再度アートメイクを入れて修正できます

またインクが薄くなったタイミングで少しデザインを変更することも可能なのです。

眉毛の流行に合わせてアートメイクのデザインを変更できます。

一度入れたら一生付き合っていかなくてはならない入れ墨と違い、修正可能なところもアートメイクの嬉しいポイントです。

眉毛の流行に敏感

入れ墨を入れる場合、彫り師さんのところで入れてもらうことがほとんどでしょう。

彫り師さんでも眉毛の入れ墨専門の方はまずいません。

しかしアートメイクであれば眉毛専門のサロンがあります。

眉毛専門のアートメイクサロンの場合、施術者も眉毛の流行に詳しく常に最新の流行をキャッチしています。

眉毛アートメイクの施術実績が多いサロンであれば施術の技術にも問題ないでしょう。

眉毛の形の相談もしやすく的確なアドバイスをもらえるでしょう。

サロンを選ぶ際は事前に口コミや施術実績をチェックしましょう!

痛みが少ない

アートメイクは医療行為にあたります。

そのためアートメイクの施術時には麻酔を使用します。

麻酔が効いているためアートメイク施術時の痛みはほとんどありません。

場所によっては少し痛みを感じることがありますが、その場合は麻酔を追加してくれます。

入れ墨の場合は医療行為ではないため麻酔を使用できません

数時間、痛みに耐えて入れ墨を入れなければいけないのです。

入れ墨は自分の意思や主張を反映するものです。

アートメイクはあくまでパーツの補助的存在

眉毛のように流行がある部分やパーツの補助であればアートメイクがおすすめ。

女性から見ても自然な仕上がりのアートメイクは好印象です。

むしろ自分よりキレイな眉毛をうらやましがられるかもしれません。

まとめ

  • 女性から見た男性の眉毛の入れ墨は印象が良くない
  • 眉毛をキレイにしたいならアートメイクがおすすめ

近年では男性でも軽いメイクをするなど美意識の高い方が増えていますよね。

男性がどんどんかっこよくなるのは女性にとっても嬉しいことです。

しかし不自然なメイクや眉毛の入れ墨のように印象が悪くなってしまうこともあるので注意が必要。

眉毛にコンプレックスのある方やさらにかっこよくなりたい方はアートメイクを検討してみてはいかがでしょうか。

【最新施術あり】おすすめのアートメイククリニックランキング
「最新のアートメイクで綺麗になりたい」 「自然な美眉を手に入れたい」 「素肌に自信を持てるようになりたい」 そんな願いを叶えてくれるアートメイク。 汗やシャワーでも落ちない最新の医療アートメイクのおすすめクリニックを特集しました。
まゆげ
アートメイクマニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました