眉叩きをすると骨が肥大化する?|眉叩きのメリット・デメリット

まゆげ

 

眉叩きをすると骨が肥大化するって本当?

ほとんどが平たい顔をしている日本人。

「もっとホリが深ければ・・・」

「整形はしたくないけど外国人顔になりたい」

とホリの深い外国人顔に憧れを持つ方も多いでしょう。

女性ならメイクで工夫することはできますが、男性はメイクに抵抗のある方が多いでしょう。

そんな中、自分で眉をたたきホリを深くする「眉叩き」という方法をご存じでしょうか?

眉叩きをすると外国人顔になれるとか・・・

メイクでも整形でもなくホリが深くなるのなら、眉叩きは魅力的に見えますよね?

しかし、眉叩きには骨が肥大化するという噂や、骨を叩いて大丈夫?といった不安もあります。

そこで今回は眉叩きをすると骨が肥大化するのか?と眉叩きのメリット・デメリットについて解説していきます。

眉叩きを検討している方は、デメリットもしっかりチェックしてください。

骨を叩く?そもそも眉叩きとは

眉叩きとは眉の骨を叩くことで衝撃を与え、眉の骨を大きくして高く見せるという美容法です。

自分で眉の骨を叩くと眉の部分が盛り上がり、目と眉の間隔がせまくなります。

そうするとホリが深く見え、外国人顔になれるのです。

外国人と日本人の顔を比べてみると、目と眉の間隔の違いは一目瞭然。

鼻の骨を叩いて鼻を高くするという方法はよく聞きますよね。

眉叩きも同様に、自分で骨を叩いて顔の凹凸を作る「自力整形法」の1つです。

眉叩きをすると骨が肥大化する?

結論から言いますと、眉叩きで骨は肥大化しません。

確かに骨折した後、再生した骨が以前より太くなることはあります。

しかし骨を叩く程度では骨自体に変化はないのです。

骨に変化はないのに、なんで眉叩きでホリが深く見えるの?

それは眉を叩くことによって、一時的に眉の部分が腫れるからです。

ボクサーが殴られた後、顔が腫れるのと同じ理屈です。

ある程度で腫れは引き、元の顔に戻ってしまうのです。

外国人顔になれる?眉叩きのメリットとは

眉叩きをして憧れの外国人顔になりたい!という方へ、眉叩きのメリットを紹介。

眉叩きのメリットは以下の3点です。

  • ホリが深く見える
  • お金がかからない
  • 自宅でできる

詳しく見ていきます。

ホリが深く見える

眉叩きを継続して行うことで、眉の部分が盛り上がりホリが深く見えます。

ホリが深く見えると外国人顔に近づきます。

ハーフの方がホリが深いのは当然なのですが、芸能人の中でもホリが深い方はイケメン、美女といわれることが多いですよね。

  • ホリが深い芸能人(男性)・・・松本潤さん、城田優さんなど
  • ホリが深い芸能人(女性)・・・柴咲コウさん、黒木メイサさんなど

ハーフでなくとも、ホリが深い方はイケメン、美人率が高いです。

お金がかからない

眉叩きはすべて自分で行うので、まったくお金がかかりません。

美容整形を受ける場合、高額な費用がかかります。

主な施術内容と金額は以下の通り。

施術内容 金額
プロテーゼの挿入 30万円以上
ヒアルロン酸の注入 10万円前後

施術によってはダウンタイムが発生するものもあり、私生活に影響を与えることも。

また、美容整形を受ける場合、アレルギー反応、感染症などの副作用のリスクもあります。

自宅でできる

ホリを深くする施術を受けようとすると、必ず美容外科やクリニックなどに通院する必要があります。

1回で通院が終了する場合もありますが、ほとんどの場合何度か通院することになるでしょう。

眉叩きはすべて自宅でできるので、通院するための時間を作る必要がありません。

眉叩きは、自分の空いた時間でできるところもメリットです。

数あるクリニックからどこか1つを選ぶのも大変ですよね。

眉叩きのデメリットとは

自分でお金をかけずにできる眉叩きですが、デメリットもあります。

眉叩きのデメリットは以下の3点。

  • 継続しなくてはいけない
  • 皮膚への悪影響がある
  • 不自然な形になる

それぞれ詳しく見ていきます。

継続しなくてはいけない

先にも説明した通り、眉の骨を叩く程度では骨自体に変化はありません。

ホリが深く見えるのは、眉の部分が一時的に腫れているだけなのです。

ホリの深い顔のままでいるためには継続的に叩き続ける必要があります。

また、すぐに効果が出るわけではないので、根気よく続けなければいけません。

中には3年かけてやっと・・・という方もいます。

継続的にたたき続けるのはなかなか難しいでしょう。

皮膚への悪影響がある

眉叩きを続けることによって、皮膚が痛み厚くなります。

また、摩擦が起こることにより色素沈着する場合も。

叩く強さによってはアザができてしまいます。

一般的な眉叩きの方法は

  • 指の第二関節を使う
  • 1日400~600回程度

といわれています。

あざになってしまうので、強く叩きすぎるのはやめましょう。

不自然な形になる

眉叩きをしたからといってキレイにホリが深くなるとは限りません。

叩いた箇所の一部がポコッと出っ張ってしまうことも。

出っ張った部分が目立ち、元の状態に戻す施術を受ける可能性もあります。

美容外科の先生によると、眉叩きは推奨できないそうです。

理由は、自分の理想の形に仕上がる確率がかなり低く、より悪化させてしまう可能性が高いからです。

眉叩きのような「自力整形法」はすべて自己責任。

十分に注意が必要です。

まとめ

  • 眉叩きで骨は肥大化しない
  • 眉叩きのメリットは「ホリが深く見える」「お金がかからない」「自宅でできる」
  • 眉叩きのデメリットは「継続しなくてはいけない」「皮膚への悪影響がある」「不自然な形になる」

実際に眉叩きを継続して行い、イケメンへと変貌を遂げた方もいます。

しかし、根気よく続ける必要があるうえ、どんなトラブルが起きてもすべて自己責任です。

眉叩きをする時は注意して行ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました