アートメイクをしたままMRIに入ったら痛むって本当?嘘?

アートメイクの知識

毎日のメイクを楽にしたいという方に注目されているアートメイク。

今はサロンも充実し、気軽に施術してもらえるのも魅力です。

しかし、アートメイクを入れる際のデメリットの1つとして、MRI検査が受けられなくなると聞いたことがあるのではないでしょうか?

噂によるとアートメイクしてMRIに入ると激痛になるとか・・・。

果たしてその噂は本当なのでしょうか?

今回は、アートメイクをしたままMRIに入ったら痛むという噂は本当なのか、嘘なのか徹底解説します。

アートメイクを入れたいけど、MRI検査が受けられなくなるのなら・・・と心配な方はぜひ参考にしてください。

MRI検査とは

MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断)検査とは、強力な磁力と電波により臓器や血管などを画像化する検査のこと。

CT検査と違いX線を使用しないので、放射線被ばくがありません。

MRI検査は頭から足先までの全身を診ることができるほか、脳や脳血管が造影剤を使わず撮影できるので早期脳梗塞など発見しやすいなどの特徴があります。

現代の病気診断をする上で重要な検査方法の1つとなっています。

MRI検査を受ける際の注意点

医療機関などで以下の項目に該当すると、MRI検査を受けられない可能性があるとされています。

  • 心臓ペースメーカーを埋め込んでいる方
  • 人口内耳を埋め込んでいる方
  • 体内に金属を入れる手術を受けたことのある方
  • 妊娠の可能性のある方
  • 入れ墨、アートメイクをしている方

どこの医療機関でもMRI検査前の注意点に、「アートメイクをしている方はMRI検査が受けられない可能性がある」と明記されています。

なぜアートメイクをしている人はMRIを受けられない可能性があるのでしょうか。

なぜアートメイクでMRI検査を受けられない可能性があるの?

先にもあげたように、アートメイクを入れていると、MRI検査を受けられない可能性があるとされています。

その理由は以下の通り。

  • アートメイクに使用するインクに酸化鉄(金属)が多く含まれているとMRIの電磁波に反応してピリピリと痛みを感じる可能性がある
  • アートメイクのインクがMRIの電磁波に反応した場合、その部分の画像がはっきり映らない可能性がある
  • アートメイクのインクの酸化鉄(金属)が熱をもち、やけどをする可能性がある

このため医療機関ではMRI検査を受ける前に、アートメイクが入っているかどうか確認されることがほとんどです。

アートメイク後のMRI検査で痛みを感じる噂は本当

実際にアートメイクをしてMRI検査を受けた場合、痛みを感じることがあります。

引き起こされる可能性がある症状は以下の2つ。

  • 施術箇所がピリピリと感じる
  • 施術箇所が熱をもち、やけどをすることがある

きちんとした因果関係は証明されていないそうです。

しかし、眉のアートメイクをして1ヶ月後にMRI検査を受けた方が、施術箇所が熱くなり検査を中断したという例があります

こういった報告事例の件数はかなり少ないですが、痛みを感じる可能性があることは間違いないでしょう。

アートメイクに使用するインクが重要

アートメイクをしてもMRIはうけMRI検査を受けられるかどうかはアートメイクに使用するインクが重要になります。

酸化鉄を多く含むインクを使用している場合は、MRI検査の際インクが反応する可能性があります。

その結果やけどの危険がでてきます。

インクに含まれる酸化鉄がどれくらいなのかは施術されている方にはわかりません。

判断基準の1つとしてあげられるのが、アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可がおりているインクかどうかを確認すること。

アメリカ食品医薬品局(FDA)とは、主に食品や医薬品、化粧品、医療機器などの製品について、その許可や違反品などの取り締まりを専門的に行う政府機関です。

アメリカ食品医薬品局(FDA)の審査は非常に厳しい為、その認可がおりているものに関しては、安心して人体へ使用することができます。

認可がおりているインクは、酸化鉄の含有量もわずか。

MRI検査を受けても問題ないとされています。

対して、認可がおりていない安価なインクには酸化鉄が多く含まれている可能性が高く危険です。

ですので、アートメイクを入れてからMRI検査を受ける場合は、必ず医療機関に申し出ましょう。

まとめ

  • アートメイクを入れてMRI検査うけるとごく稀に痛みを感じる
  • またやけどを負うことがある
  • MRI検査を受けられない可能性がある
  • MRI検査を受ける際にはインクの種類が重要
  • アートメイクを入れてMRI検査を受ける場合は、必ず申し出る

結論として、アートメイクをしたままMRIに入ったら痛むという噂は本当です。

しかし、痛みが出る事例はかなり少数であるといえるでしょう。

アートメイクを入れても、MRI検査を受けることはできます。

ごく稀にピリピリとした痛みを感じる、やけどを負う可能性があるため、必ず医療機関に申し出しましょう。

リスク回避のために、すでにMRI検査の予定が決まっている方は、アートメイクを入れる前に検査を受けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました