フォーエバー二重術で腫れが引かないときの対処法

フォーエバー二重術で腫れが引かないときの対処法 目元

二重まぶたは目がパッチリして見えることから、二重に憧れる方は多くいらっしゃいます。

自分のなりたいまぶたを手に入れられたらメイクもきっと楽しくなるし、世界が変わって見えそうですよね。

二重術にはたくさんの種類がありますが、中でも人気なのが「一生ものの二重まぶたを手に入れられる」としているフォーエバー二重術。

実際に手術を受けた方、もしくはこれから受けようかなと思っている方にとって、フォーエバー二重術でまぶたが腫れるのかどうかは気になる点なのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、

  • フォーエバー二重術は腫れるのか
  • 腫れが引かないときの対処法

の2点について解説していきます。

あなたにとっての理想の人生を生きるために、ぜひこの記事を役立ててくださいね。

\症例件数は5万件以上!/ →湘南美容外科のフォーエバー二重術を見てみる一生涯の保証つき

フォーエバー二重術は腫れるのか

まず、フォーエバー二重術は腫れるのかどうかから考えていきます。

まぶたに限らずですが、何かしらの処置を施すと、その部位はやはりどうしても腫れてしまいます

まぶたは特に繊細な部分ですから、そこを手術するとなると負担がかかってしまうのは避けられないですよね。

とはいえ、腫れの程度は人それぞれで、目が開けていられないほど腫れる方もいれば、あまり腫れない方もいます。

また、手術後のダウンタイムをどう過ごすかによっても、腫れの程度に影響してきます。

施術を受けてから、通常の生活に戻るまでの期間であるダウンタイム。

守るべき注意点を意識して、あまり患部に負担をかけないようにしたいですね。

フォーエバー二重術を受けたことによる腫れは、Twitterにも様々な情報が載っています。

  • 卒業式があるのに腫れが引かない・・・
  • 腫れが引かなくて不安・・・

以下、1つずつ詳しく見ていきましょう。

卒業式があるのに腫れが引かない・・・

こちらは、手術から4日目の様子。

卒業式を間近に控えていることもあり、腫れがこれ以上引かないのかどうか、かなり不安に感じていらっしゃるようですね。

イベントなどの際はやはり万全のコンディションで臨みたいですから、それまでに腫れを引かせたいのに・・・と焦る気持ちはよくわかります。

たとえ他人から見て不自然ではなかったとしても、自分では気になってしまうものですしね・・・。

フォーエバー二重術のダウンタイムは一般的には3日~1週間程度とされていますから、可能であれば少し余裕を持って手術を受けた方がいいかもしれません。

腫れが引かなくて不安・・・

こちらは、ダウンタイム初日からのまぶたの様子の比較画像。

この方の場合、初日はほとんど目が開けられない状態だったそうで、そこから比べると6日目の画像はかなり腫れが引いているように見えます。

しかし、このツイートの続きを読むと「ちょっとマシになってきている」とのことですから、実際にはまだ違和感があることが読み取れます。

腫れが引かないとどうしても不安になってしまいがちですし、まぶたばかり変に意識しちゃいますよね・・・。

\症例件数は5万件以上!/ →湘南美容外科のフォーエバー二重術を見てみる一生涯の保証つき

フォーエバー二重術で腫れが引かないときの対処法

では、フォーエバー二重術を実際に受けて腫れが引かないときには、どうすればいいのでしょうか。

ここからは、その対処法について書いていきます。

フォーエバー二重術で腫れが引かないときの対処法は、下記の3点です。

  • やさしくアイシング
  • できるだけ安静にする
  • 担当医師に相談

1つずつ解説していきますね。

やさしくアイシング

ダウンタイム中、まぶたの腫れがどうしても引かないときはアイシングを試してみましょう。

このとき、患部に物理的な刺激が加わるのはよくないので、タオルなどを使ってやさしく行うようにします。

望ましい頻度は、1回5分程度のアイシングを1日5回といったところでしょうか。

ただし注意点もあって、アイシングをするのは長くても5日間にとどめておきます。

人間には治癒能力が備わっていますので、5日も経てばあとは自然と腫れは治まっていくため、アイシングを続けるとかえって腫れが長引いてしまう可能性があります。

また、患部を温めるのも良くありません

この方もいわれているように、血行が良くなることは実は腫れを長引かせてしまう原因になるのです。

早く腫れを引かせたい!と焦る気持ちはわかりますが、それ故に誤った方法で腫れが長引いてしまうのは悲しいですから、注意点はきちんと守るようにしましょうね。

できるだけ安静にする

腫れが引かないときの対処法として2点目に挙げられるのは、できるだけ安静にすることです。

そんなの当たり前じゃん!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「安静にする」というのは「身体を動かさないで、静かに寝ていること」という意味。

仕事やプライベートで何かと忙しい現代人にとって、ダウンタイム中、文字通りにずっと安静にしていられるという方は、実際にはかなり少ないのではないでしょうか。

可能であれば、術後しばらくは仕事や予定を入れないことをおすすめします。

もちろん、仕事柄どうしても休めないという方もいらっしゃいますから、その場合はできるだけ静かに動いたりするなど、患部に刺激を与えないように心がけましょう。

また、喫煙や飲酒の習慣がある方は、最低でも1週間は禁煙・禁酒を。

たばこ好き・お酒好きな方にとっては辛い時期かもしれませんが、その欲に負けてしまったばかりに腫れが長引いてしまう方が、もっと辛いはず・・・。

せっかく高額な費用をかけて手に入れた二重。

フォーエバー二重術に限らず、施術後は安静ですよ!

担当医師に相談

患部はアイシングしていたし、ちゃんとしばらく安静にしていたのに、それでも腫れが引かないことって、ありますよね。

なかなか腫れが引かないと、「これって失敗したのでは・・・?」、「もしかしたら何かの病気・・・?」と不安になってしまうものです。

そんなときは自分でなんとかしようとしないで、一度担当医師に相談してみましょう。

ダウンタイムが終わったはずなのにまぶたに痛みがある、まだ腫れているような気がするという場合には、別の原因が潜んでいる可能性もあります。

結果的に「心配ないからもう少し様子を見てみましょう」と言われただけだったとしても、担当医師にそう言ってもらえるだけでも安心できるのではないでしょうか。

 

施術をするとトラブルが起こりがち。

毛糸が出てきたなんてこともあるので、気になる方はまず相談を!

 

まとめ

  • やさしくアイシングして腫れを引かせる
  • 術後は可能な限り安静にする
  • 腫れが引かないときは担当医師に相談

フォーエバー二重術で腫れが引かないときの対処法について解説してきました。

腫れの程度は人それぞれなので、ここでご紹介した対処法が全員に当てはまるわけではありません

しかしながら、腫れが引かないことで悩んでいるあなたにとって、この記事が少しでも力になれたなら幸いです。

\症例件数は5万件以上!/ →湘南美容外科のフォーエバー二重術を見てみる一生涯の保証つき

コメント

タイトルとURLをコピーしました