眉毛がつながるからと言って抜くのは危険!適切な処理方法とは?

まゆげ

眉毛を抜くのはやめた方がいいって聞いたんだけど・・・

眉毛は顔の印象を左右する大切なパーツです。

昨今はマスクする機会も多いので特に眉毛のお手入れは超重要!

人に見られることが多くなり、眉毛に対する悩みもそれぞれ増えているでしょう。

そのため眉毛のお手入れを怠っていると、眉毛がつながってしまうという方も。

「眉毛の処理してもすぐに生えてきて眉毛がつながってしまう」

「眉毛がつながって恥ずかしい」

という悩みありませんか?

そして眉毛がつながるからと言って、毛を抜いて処理していませんか?

しかし実は毛を抜くことによっておきる危険がたくさんあるのです。

そこで今回は毛を抜くとおこる可能性のある危険と、適切な処理方法を紹介します。

眉毛がつながるからと言って抜いている方、適切な処理方法がわからない方はぜひ参考にしてください。

眉毛を抜くのはなぜ危険?

眉毛の処理する際、毛を抜くという方は多いでしょう。

しかし眉毛を抜くと以下のような危険をともなうことも。

  • 二度と生えてこない
  • 毛が埋もれてしまう
  • 肌を痛める

詳しく見ていきます。

二度と生えてこない

毛を無理に抜くと毛周期が乱れ、眉毛の細胞にダメージを与えてしまいます。

毛周期とは毛が「成長→退行→休止」というサイクルで生え変わる期間のこと。

この毛周期は毛を一度や二度抜いたぐらいでは乱れません。

しかし常に眉毛を抜いていると毛周期が乱れてしまいます

毛周期が乱れると毛が生える途中で抜けてしまい、次の毛が正常に生えてこなくなるのです。

また眉毛の細胞にダメージを与えると、眉毛が生えるための栄養素をうまく眉毛に届けられなくなります。

栄養素が行き届かない眉毛はうまく毛が生えてきません

今は不要だと思って抜いている眉毛の部分でも、自分のなりたい眉毛にしたい時に毛がなく後悔するはめに。

毛が埋もれてしまう

なぜ毛を抜くと毛が埋もれる可能性があるのでしょうか。

原因は、無理に毛を抜いているからです。

毛がまだまだ元気な時に無理に抜いてしまうと、するっと抜けず途中で毛が切れてしまうことが多いのです。

途中で切れた毛が皮膚に残り、埋もれてしまいます。

結果として黒いプツプツとした毛が目立ってしまうのです。

もちろん埋もれた毛を無理に出すことも危険です。

毛穴にダメージを与えてしまい出血し、雑菌が入ることもあります。

肌を痛める

眉毛を抜くことは肌を痛めることもあります。

眉毛を抜くと毛穴が開いた状態に。

開いた毛穴へ雑菌などが入るとニキビができる場合や、ひどい場合は皮膚炎を起こすことも。

さらに眉毛を抜くことによって開いた毛穴が、紫外線を浴びると色素沈着を起こす可能性もあるのです。

また眉毛を抜く時に皮膚を引っ張ることによって皮膚が伸び、たるむこともあります。

皮膚がたるんでしまうと実年齢より老けて見えてしまう悲しい事態に。

つながる眉毛の適切な処理方法

毛を抜く以外でつながる眉毛を処理する方法はあります。

適切な処理方法は以下の5つ。

  • 不要な部分をカットする
  • カミソリを使う
  • 電気シェーバーを使う
  • 眉毛サロンを利用する
  • 脱毛器を使用する

詳しく見ていきます。

不要な部分をカットする

つながった眉毛の部分は他の眉毛の部分より薄いことがほとんどです。

薄い毛の場合、伸びている部分をカットすることで目立たなくなることも。

無理に毛を抜く前にカットで改善するか試してみましょう。

カットする際は皮膚まで切ってしまわないよう、眉毛カット用のハサミを使うのがオススメです。

カミソリを使う

眉毛をカミソリで処理する時は、眉毛用のカミソリを使用しましょう。

眉毛用のカミソリは通常のカミソリよりも小さい刃なので、細かい部分まで処理できます。

剃り方は以下の通り。

  1. 処理したい部分にシェービングクリームを塗る
  2. 毛流れに沿って剃る

シェービングクリームを塗る→毛流れに沿って剃ることで、肌を傷つけず剃れるのです。

一気に剃るのではなく、少しずつ慎重に剃って全体のバランスをみましょう。

電気シェーバーを使用する

電気シェーバーというと腕や足など広い箇所に使用するものをイメージするかもしれません。

実は眉毛用の電気シェーバーがあるんです。

電気シェーバーの場合、刃が直接肌に当たらず、痛みもなく剃れます。

刃が直接肌に当たらないので、肌を傷つけることもありません。

カミソリで処理するのは怖いという方にはオススメです。

なるべく刃の小さいもの、水洗いできるものを選びましょう。

眉毛サロンを利用する

眉毛サロンとは自分に似合う眉毛の形を提案し、整えてくれる眉毛専門のサロンのこと。

眉毛サロンでは専用の道具で眉毛を整えてくれるので、肌を痛めることもありません。

また、毛周期などもきちんと管理してくれるので安心。

自分に似合う眉毛の形も教えてくれるので、眉毛の形で悩んでいる方にもオススメです。

眉毛サロンの料金相場は1,000円台~10,000円台と幅広くあります。

ご自身の予算に合うサロンを選びましょう。

脱毛器を使用する

眉毛を処理する際には脱毛という方法もあります。

脱毛の方法は次の通り。

  • 自分で脱毛器を購入し自宅で行う
  • 脱毛サロンにて脱毛する

脱毛器、脱毛サロンで処理する場合すぐに毛がなくなるわけではありません。

何度か脱毛器を肌に当てる必要があるため時間がかかります。

自宅で行う脱毛と脱毛サロンの料金相場は以下の通り。

脱毛器購入 脱毛サロン
金額 7,000円~90,000円 40,000円~(6回コース)

脱毛器はものによって価格に差があり、日本製のものは高い傾向にあります。

脱毛サロンはだいたい6回コースで40,000円~が相場。

中には顔の脱毛だけのコースがないサロンもあるので必ず確認しましょう。

自分に似合う眉毛の形を知る方法

眉毛の処理する際、自分に似合う眉毛の形がわからず悩むこと多いですよね。

自分に似合う眉毛の形を知る方法は以下の2つ。

  • 黄金比を確認する
  • 眉毛プレートを使用する

詳しく見ていきます。

黄金比を確認する

黄金比とは安定した美しさをもつ比率のこと。

眉毛にもキレイに見える黄金比があります。

黄金比の出し方は次の通り。

  1. 眉頭は目頭の真上
  2. 眉山は眉頭から約2/3のところ、白目の終わりの真上
  3. 眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上

このポイントをおさえ、眉毛を描いてみましょう。

ペンや定規で測りながら描くと描きやすくなります。

黄金比に沿って眉毛を描くことで、自分の顔に似合うバランスのいい眉毛に仕上がります。

眉毛プレートを使う

眉毛プレートとは、様々な眉の形にくりぬかれたプレートのこと。

眉毛プレートはインターネットや100円均一などで購入可能です。

自分の眉に当ててアイブロウペンシルなどで輪郭を描きます。

いろいろな形を試すことで自分の顔にしっくりくる眉毛の形が見つかるでしょう。

左右対称に描くこともできるので、眉毛を描くのが苦手な方にオススメ。

まとめ

  • 眉毛を抜くと「二度と生えてこない」「毛が埋もれてしまう」「肌を痛める」危険がある
  • つながる眉毛の適切な処理方法は「不要な部分をカットする」「カミソリを使う」「電気シェーバーを使う」「眉毛サロンを利用する」「脱毛器を使用する」
  • 自分に似合う眉毛の形を知る方法は「黄金比を確認する」「眉毛プレートを使用する」

眉毛がつながるなんて男性だけでは?と思うかもしれませんが、女性でも悩んでいる方はたくさんいます。

眉毛がつながっていると気になってついつい毛を抜いてしまう方も多いでしょう。

しかし眉毛を抜くとさらに悩みのタネを増やす可能性があります。

正しい処理方法で肌トラブルのないキレイな眉毛を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました